*

任意整理の費用について経験をもとにまとめました

公開日: : 最終更新日:2017/02/23 任意整理 ,

任意整理で借金を整理するしかないな。

でも、任意整理の費用って、いくらかかるんだろう?

任意整理を何度も経験しているという人は少ないでしょう。
なので、ほとんどの人が「はじめての経験」ということになります。
当然、はじめのうちは、任意整理の費用がいくらかかるのか、よくわかりません。
この段階で慌てて任意整理の手続きに入らないように。
急いでいる場合は別ですが。

私自身も、費用がいくらくらいになるのか、はっきりわからないうちに話が進んでしましました。
たまたま、費用が安い事務所だったので、よかったわけですが。
もし、費用が高い事務所だったらと思うと、ちょっとぞっとしますね。

これから任意整理をする方は、費用について一通り調べてから手続きに入りましょう。
費用の金額によって、任意整理後の生活が変わってきます。けっして大袈裟ではありません。

一般的に、任意整理は弁護士(法律事務所)か司法書士(司法書士事務所・法務事務所)のどちらかに手続きを依頼します。
当然、報酬がかかります。
この報酬が任意整理費用の大部分になるといってもよいでしょう。
他の印紙代などは、報酬に比べるとたいした額ではありません。

任意整理手続きの報酬は事務所によって異なります。
安い事務所もあれば、高い事務所もあります。
安い事務所と高い事務所とで費用の金額を比べると、2倍以上の差があることも。これ、本当ですよ。
なので、言うまでもありませんが、任意整理は費用が安い事務所に依頼しましょう。
そのためには、任意整理の費用について理解し、相場を知っておくことが大切です。

任意整理の費用が安いのはこちらはたの法務事務所
ネットに広告を出しているほとんどの事務所は、任意整理の費用が高いです。たぶん、広告費を任意整理の費用に上乗せしているのでしょう。
しかし、はたの法務事務所は安いです。いろいろな事務所の費用を調べましたが、私が知るかぎり、はたの法務事務所は一番安いです。
無料相談で聞いてみてください。

任意整理の費用

任意整理費用の内訳

まずは、任意整理費用として何がかかるのか、内訳を挙げておきましょう。

  • 相談料
  • 着手金
  • 報酬金
  • 減額報酬
  • 過払い金返還の成功報酬(過払い金を取り戻した場合のみ)
  • 印紙代
  • 通信費
  • 事務手数料

相談料

任意整理の手続きを弁護士や司法書士に依頼する場合、まずは相談をします。
こちらの借金状況、収入、支出、そのほか生活状況などを説明し、どのような形で借金を整理するべきか、相談するわけです。
一般的に、弁護士や司法書士に何等かの案件を相談する場合、「相談料」がかかります。
「弁護士の相談料は30分5000円が相場」ということを聞いたことがないでしょうか。
依頼する、しないに関わらず、弁護士に相談した場合、相談料として30分5000円ほどかかります。
金銭的に苦しいのに30分5000円はきついな、と思った方も多いことでしょう。
任意整理に関わらず、債務整理を検討する状況では、金銭的に余裕などないものです。そんな状況で、30分5000円の出費はきついといえます。

関連記事

no image

任意整理と債務整理の違い

任意整理と債務整理、どう違うのかよくわからない。 という方が多いようです。 私もはじめはよく

記事を読む

no image

任意整理は元金を5年間で返済できるかがポイント

任意整理の場合、基本的には、借金は減額されません。 元金は減らないわけです。 元金が200万円だ

記事を読む

no image

任意整理をしてから1年が経ちました

今朝、今月分(2015年8月分)の返済金を振り込んできました。 これで、任意整理をしてから1年

記事を読む

no image

債務整理(任意整理)のタイミングは早いほうがいい

あと2カ月、できれば、あと3カ月早く任意整理をすればよかった。 当時はまだ早いかなと思っていました

記事を読む

no image

任意整理のデメリット

任意整理にはメリットとデメリットがあります。 任意整理をする前に、「任意整理のメリット・デメリット

記事を読む

no image

家族に内緒で借金を整理したい場合

家族に内緒で借金を整理したい。 妻に内緒で債務整理をしたい。 夫に内緒で任意整理をしたい。

記事を読む

月末といえば、任意整理した借金の返済日

どうも、ユウジです。 昨日に続いて、今日もなんか書きたい気分です。 月末ですね(2016年6

記事を読む

PAGE TOP ↑